出会いが無いなら社内恋愛!脈ありの見極め方とデートに誘うきっかけ作り

出会いの場として社内は非常に有効です。お互いの仕事ぶりから人間性まで把握した上でお付き合いをすることができ、お互いの仕事の状況や大変さを共有することも出来ます。

さらに、仕事のあいだも同じ空間にいることが出来るなどメリットも多くあります。そんな社内恋愛で彼女を作るにはどうすればいいのでしょうか。

あわせて読みたい

社内恋愛に発展するパターン

社内恋愛に発展するパターンにはいくつかあります。

同じ部署で一緒に仕事をする時間が長くなるうちに、協力し合うことが増え、帰りに食事に行くなどして仲が良くなるものや、プロジェクトで他部署から集まり、厳しい仕事を共に乗り越えるうちに互いの魅力に気づくもの、さらには部署も接点もないけれど社内ですれ違ったり、他部署との飲み会に同期に誘われたりして出会い、社内恋愛に発展するものもあります。

いずれにせよ、お互いの人間性や性格を理解し、仕事の状況を把握した上で交際をすることが出来るため安心感があります。

社内恋愛のメリット・デメリット

社内恋愛のメリットは、なんといってもいつでも同じ空間にいることが出来ることです。

ちょっと顔がみたいなと思えば仕事の用事を作って会いに行くことも出来ますし、出勤や退勤の時間が同じであれば一緒に通勤することも出来ます。さらに、同じ社内であれば相手の状況がわかるため、「今日は仕事で失敗したから元気がないんだな」と話を聞かなくとも理解してあげることが出来たり、共通の話題で盛り上がることが出来たりもします。さらに、仕事の相談や愚痴も彼女に一から説明しなくてもわかってもらえます。

一方で社内恋愛にはデメリットもあります。同じ部署などで付き合っていることが周囲にも知られている場合、仕事の話をしているのに「いちゃついている」と思われてしまう可能性があり、やりづらいことがあります。万が一別れることになった場合、別れたのに毎日顔を合わせなくてはならないのは精神的にしんどく、周囲にも気を遣わせてしまうことになります。

社内恋愛で彼女を作る方法

それでは社内恋愛で彼女を作るにはどうすればいいのでしょうか。3つのポイントで解説していきます。

1.自分の仕事は一生懸命頑張り、社内での評判を良くする

同じ職場にいれば、勤務態度や営業成績など、自分の仕事ぶりが同じ社内の女性に丸見えです。

多くの女性は仕事が出来る男性や、仕事に一生懸命な男性に魅力を感じます。

そのため、仕事を毎日一生懸命頑張っている姿を見てもらうことで、「男性として見ても魅力的だな」と思ってもらうことが出来ます。

さらに、女性は周囲の女友達から自分の彼氏が羨ましがられたり、認められたりしていることも交際をするための必須条件になります。

「私、営業部の○○さんとお付き合いしているの」と社内の人に告げた際に「ああ、あいつね!仕事も出来るしいいやつだよね。」と社内の男女問わず思ってもらえるような存在であるかどうかも社内恋愛に発展するためのポイントとなります。

2.同僚や部下への気遣いや配慮を心がける

その上で、仕事が出来るだけでなく女性から好意をもってもらうためにはちょっとした気遣いが欠かせません。

仕事の進め方の相談に乗ってあげたり、疲れているように見えた場合には声をかけたりして様子を聞いたり、さりげなくコーヒーを差し入れするなど、配慮の出来る男性に対して女性は仕事中であってもきゅんとしてしまいます。

きゅんとした相手が同じ社内にいて日々顔を合わせる環境にいれば、女性もだんだん異性として意識するようになります。

毎日異性として意識するうちに好きになってしまう可能性は非常に高いでしょう。

3.飲み会や他部署との交流にも積極的になる

さらに、社内の飲み会には積極的に参加していきましょう。

どんなに素敵な人だと思っていても、仕事中にプライベートなことを話しかけるのを避ける女性は多くいます。

しかし、飲み会の場であれば、「そういえば○○さんって彼女いますか?」と彼女の有無を確認したり、「今度相談に乗ってもらえませんか?」と個別での約束をとりつけたりがしやすく、またお酒が入ることでより仲を深めることが出来ます。

同じ部署で彼女を作ることにリスクが高い場合は、他部署との交流を通じて他部署の女性と社内恋愛をすることもおすすめです。

手続きや届け物など、他部署に出向かなくてはならない場合であっても積極的にその役を買って出ることで他部署との交流や出会いにもつながることでしょう。

このように、ポイントを押さえて社内恋愛で彼女を作ることが可能です。

会社によっては社内恋愛が良く思われていない場合もありますので、状況に応じて周囲に交際していることをオープンにしたり、オープンにはせずお付き合いをするなど周囲への気遣いも忘れないようにしましょう。